『新宿セブン』ドラマあらすじは?

テレビ東京系の「ドラマ24」で2017年10月14日から放送の深夜ドラマ「新宿セブン」。原作は『漫画ゴラク』(日本文芸社)にて連載中の漫画です。『漫画ゴラク』は『ミナミの帝王』や『銀牙伝説WEED』など比較的年齢層の高い読者をターゲットにしています。そんあ新宿セブンはどんな内容なのでしょうか?ドラマのあらすじなどもご紹介します!

スポンサーリンク

『新宿セブン』ドラマあらすじは?主人公七瀬とは?

毎週金曜 深夜0時12分から放送されているドラマ『新宿セブン』のあらすじ・・・。

新宿・歌舞伎町――。
東洋一の歓楽街と呼ばれ、妖しく危険に満ちたこの街で一目置かれている男がいた。
七瀬質店の店主で、天才鑑定士。
その名は、「“七つ屋”の七瀬」。

七瀬の店には、あらゆる物が持ち込まれる。
時計やバッグ、果ては拳銃、クスリまで…
「人」も「モノ」も偽物を認めず、本物しか信じない七瀬は、
持ち込まれる品物から依頼人の悩みを解決していく。

なぜ、彼がこの街で質屋を経営しているのか?
そこには歌舞伎町に潜む謎と隠された理由があった。

ある答えに辿り着いた七瀬が、最後に鑑定するモノとは一体!?
果たして、それは本物なのか偽物なのか…

主人公の七瀬は新宿歌舞伎町では天才と呼ばれる有名な鑑定士。物の真贋を見極める天才です。

引用:新宿セブン1巻より抜粋

七瀬は経営する質屋に持ち込まれる物の査定をするのが本業ですが、真贋を見極めるのは物だけではないのです・・・。

引用:新宿セブン1巻より抜粋

この物や人を類まれなる洞察力で真贋を見極める、それが『新宿セブン』「“七つ屋”の七瀬」の真骨頂です!

そんな「“七つ屋”の七瀬」があらゆる人間やその人たちとの人生と関わりあいながら泣き笑い、面白可笑しくも時に切ないドラマが展開されていく・・・『新宿セブン』。

ドラマとなった『新宿セブン』でも原作と同様に面白い作品になっていますので注目です!

『新宿セブン』ドラマあらすじは?主人公七瀬を務めるのは?

ドラマ新宿セブンの主人公七瀬を務めるのは・・・。
KAT-TUNの上田竜也さんです!

やばい・・・、かっこいい・・・。

原作の七瀬より少し若い感じがしますが、それはそれでいいですね!


どの角度からみてもイケメン(笑)