オーファンブラックあらすじネタバレ6話知英主演ドラマ

2018年2月3日

知英出演(主演)ドラマ『オーファンブラック』第6話あらすじネタバレを紹介。

『オーファンブラック』第6話では理華が暴走し勇(岩尾)が大変なことに・・・。沙羅、理華、泉は自分のモニターが誰なのか疑心暗鬼に陥っていきます。モニターは一体誰なのか?

こちらの記事では日本版『オーファンブラック』の6話あらすじネタバレ、感想などを紹介します。

※文章の中には独自にこう思っているのかな?といった個人的解釈が多分に含まれておりますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

オーファンブラック6話|あらすじネタバレ

 

モニターは誰?

沙羅に銃を突きつけ真緒子の居場所を尋ねる槙雄。

槙雄は平然と無視して家を出ようとする沙羅を「どこにいても捕まる」と呼び止めるが、沙羅は「ここにいれば捕まる」と意に介さず撃ちたいなら撃てとばかりに目を瞑る。

「クソッ」

銃を撃つことを諦めた槙雄に雇い主は誰なのだと問い質すが槙雄は何もわからないんだと本当に知らない様子。

槙雄曰く、ある日突然住む場所を指定され、付き合う相手(真緒子)を決められ、さらにその相手の細かな状態を報告しろと言われ、ただ報告しているけで目的や理由はわからないということだった。

槙雄にも弟がおり、ダイアートという巨大医療機関で外科医をしているというが、どうやら弟の聡は脇田(竹中直人)と関係があるようだ。

槙雄が「ここにいない方がいい」と沙羅を逃がすとそこにエレナが現れる。

エレナは沙羅と話がしたいといい、ファミレスに入るとまるで何も食べていないかのように食事を貪る。

エレナは宇賀神を羊飼いで、羊は自分だと話すし他のクローンの居場所を教えなければお前を殺すといって去っていく。

――いつもの会合

沙羅はエレナに会ったことを理華と泉に報告する。

泉がダイアード社について調べてみたものの手掛かりとなるようなものはなく、妙なロゴと情報の少なさから世界規模で情報統制ができる巨大組織であろうことがわかっただけであった。

3人は自身の身辺のモニターについて調査を再開する。

電話を切ったあと何かを思う理華が手にしているのは夫である勇宛てに届いた郵便物であるが・・・その封筒にはダイアード社のロゴマークが印字されていた。

――車の中で報告を受ける金城

真緒子(沙羅)の書いたバラバラ殺人事件についての報告書が酷いありさまだと土屋(後輩)がごちる。、

土屋はエレナの起こした事件について物思いにふける金城に真緒子(沙羅)が指紋の照合結果を報告していないことを伝える(まぁバレルよね・・)。

気になることがあるからと真緒子(沙羅)を呼び戻そうとする金城だが・・・。

――理華の家にて

寝室にコソコソと監視カメラを仕込むみベッドへ入る理華の元へ溜息をつきつつ入りこむ勇・・・。

翌朝沙羅が理華の家を訪れるとなんと手を縛られアイマスクを付けて拘束された勇がソファーに座っていた。

何事かと沙羅が理華へ問いかけると、理華はこの人が私のモニターだという。

記録した監視モニターを見ても特にこれといって証拠となるものは見当たらず、拷問しろと沙羅に無茶ぶりをする理華であったが、ホームパーティに呼ばれていたことを忘れており、隣人の木村綾乃が理華の家を訪れる。

かろうじて縛った勇を隠した理華と沙羅であったが成り行きで沙羅がホームパーティに行くことに・・・。

綾乃の家にたどり着くとなんといつものデザートを作ってくれと頼まれる。(何が出来るのやら・・・)

理華の家では勇の拷問?が行われていた。アタッシュケースの中身は何か(エロDVDだが)と問い詰める。

勇はあくまで白を切る?が、理華はなんと沸騰したお湯を勇にかけ始める・・・。

――泉の研究室

泉の研究室では泉がモニターではないかと疑っている荒井愛子が親しげに接近してくる・・・。

愛子は泉に一緒に外出しないかとデートに誘う。

――槙雄のオフィスでは

一方槙雄のオフィスには脇田が訪れていた。槙雄は真緒子が別人かもしれないと脇田に報告していたが、それは誤解だったと伝える(沙羅のことは一先ず隠すことにするようだ)。

そのまま続けて自分が何を監視させらているのかと尋ねてみると、脇田は「何事も見ざる言わざる聞かざるだ」と何も教えようとはしなかった。

――冴子の家

冴子の家では遊び疲れた萌絵を寝かしつけた薫と冴子が、最近の沙羅の様子について話をしている。

薫曰く沙羅は最近知り合った周りの人間の影響を受けて成長している、だから沙羅を認めてあげたらどうだと伝えるが・・・。

――綾乃のホームパーティ

強制的に綾乃の家に連れてこられた沙羅は、理華の振りをしてプティングを作っていた。

ふと綾乃の姿が見えないことに気づきどこに行ったのかを友人らしき人物に尋ねると、なんと理華の家に足りない材料を取りに行ったという。

そして理華の家では裸にひん剥かれた勇に酔っぱらった理華が管を巻いていた。

そろりと家に侵入してきた綾乃にリビングで飲んだくれる理華が見つかってしまう・・・。

そのまま綾乃は絡み酒に付き合わされてしまった。

――脇田の講演会

愛子が泉を誘って向かったのは脇田の「ネオサイエンス」に関する講演会であった。

脇田の講演に感動した泉は、講演終了後に脇田へ挨拶に向かうと「いつでも連絡を下さい」と名刺を渡される。

脇田は全く初対面の体で話をしている(同様すらみせない)のはやはりクローンを把握しているからだろう。

そのまま何事もなく脇田と理華は別れる。

――真緒子宅

なぜか真緒子の家の玄関に鍵を差し込むエレナの姿が・・・。

昼間沙羅の元を訪れ、他のクローンの場所を教えないと殺すと脅していたときに隙をみて沙羅のバックから鍵を盗んでいたのであった。

まんまと真緒子の家に侵入したエレナは、部屋を物色し始める。そしてベットにたどり着くと沙羅の匂いを見つけ何故だか涙をこぼす・・・。

部屋に脱ぎ捨ててあった沙羅のジャケットをうきうきとしながら着ていると、ポケットから萌絵が沙羅に充てた手紙が入っていることに気付く(萌絵ちゃんピンチです)。

――理華宅

綾乃の家から理華の家へ戻ってきた沙羅の目の前にナガセが現れる。家の前で大声を出し中へ入れろと騒ぎ立てる。

渋々家の中へ入れる沙羅だったが、柱の陰には槙雄の姿が・・・。

家の中に入り理華と勇の写真をみたナガセは、沙羅が男を騙して詐欺をしているのだろうと勘ぐる。

ナガセが沙羅を恫喝し、キスを迫ろうとすると槙雄が部屋に踏み込む。

槙雄は沙羅を殴りつけようとするナガセの腕をとり、顔を殴りつけるとすかさず沙羅にキスをする。

沙羅に近づいたら殺すとナガセを威嚇する槙雄に、ナガセが殴りかかると腕を払い軽く組み伏せてしまう。

二度と沙羅に近づくなと脅す槙雄の言葉にナガセは頷き這う這うの体で逃げ出す。

そこへ酔いが冷めた理華があらわれ3人が顔を合わせてしまう・・・。

隠し切れなくなった沙羅は自分たちがクローンであることを槙雄に話す。

槙雄の決意

ヨンエ(韓国人の女性)の病気の原因が分からず途方にくれている泉の元へ愛美がキリタンポを持ってやってくる。

あまり思いつめないほうがいいと泉を労うと、泉はありがとうと感謝をするが愛美はではご褒美をくれと泉にキスをする・・・(なぜだ・・・)。

横浜の大さん橋で夜景を眺める沙羅と槙雄。どうやらその場所は槙雄が真緒子と最後に訪れた場所らしい。

槙雄は真緒子の気持ちを想い、沙羅を引き渡すことはせずにこのままの状態を続け、ダイアード社が何をしようとしているのか探ると決意する。

理華の家では反省する理華を勇が許し、仲直りをする。

そして脇田の研究所?では脇田の前に愛子があらわれる。脇田と愛子はクローン達のことを把握している様子で計画を早めようと何かを画策しているようだ。

そして冴子の家では萌絵がお休みの挨拶を済ませ布団に潜り込もうとするが・・・目の前のふすまが開いていることに気付く。

そこを覗き込むが何も見当たらない。振り返るとそこにはエレナが待ち構えていた。

知英出演のドラマ『オーファンブラック』6話は無料で視聴可能です。視聴はこちらから↓

 

知英出演のドラマ『オーファンブラック』6話ネットの感想など

 

スポンサーリンク

ドラマオーファンブラック7話あらすじ

沙羅(知英)の娘・萌絵(庄野凜)が、エレナ(知英)に連れ去られる。エレナに殺意はなく、ただ萌絵と話したかったのだ。そんな萌絵は、エレナをまじまじと見つめ「ママもエレナも本物」と言う。混乱するエレナ……その直後、萌絵は交通事故に遭ってしまう。
冴子(麻生祐未)から連絡を受け、病院に駆け付けた沙羅は、萌絵が身に着けていたマフラーから、エレナが連れ出したことを知る。理華(知英)を呼び出し、拳銃を借り受ける沙羅。「どうするつもり?」「エレナを殺す」

その頃、エレナは震えていた。そこに沙羅から電話が入る。沙羅の呼び出しに応じるエレナ。だが、そんな様子を宇賀神(大杉漣)が見ていて……
一方、病院では、理華と冴子が鉢合わせしてしまう。クローンの存在を知ってしまう冴子……だが、冴子自身、抱えていた秘密があった。なぜ冴子が沙羅を引き取ったのか?そこには、驚きの事実が隠されていて…

金城(岡田浩暉)は真緒子(知英)の違和感に気付き始めていた。少しずつ身元不明の被害者の正体に迫りつつある捜査。ついに金城は沙羅の存在に気付く。
その頃、ダイアード社の脇田(竹中直人)はとある人物の指示で計画を推し進めようとしていた。すべてのクローンを管理下に……泉(知英)の元に愛子(佐津川愛美)を。理華には弁護士を差し向け、取引に応じさせようとする。
そんな中、ダイアード社のことを調べていた槙雄(山崎育三郎)は、ダイアード社に忍び込んでいた。ダイアードの本当の目的にあと一歩まで近付く槙雄。そんな中、社長室である女性と遭遇。その顔を見た槙雄の表情が驚愕に変わり…。

まとめ・感想

2017年ドラマ日本版『オーファンブラック』の6話あらすじネタバレ感想などご紹介しました。

モニターが少しずつ明らかになってきましたね。愛子(佐津川愛美)は泉の予想通りモニターでしたね。

ですが、キスをすることで好意を寄せているように見せかけ、泉はもしかしたらモニターではないのかもと思ってしまったかもしれません。

これは親しい人や愛する人が裏切るはずはないと思わせる作戦でしょうが、効果的でしょうね・・・。

今回はかっこいい山崎育三郎さんが見られてファンとしては堪らないのではないでしょうか。

槙雄(山崎育三郎)は「ここに住め」と言われ「ここに住む」、「監視しろ」と言われ「監視する」、「この人と付き合え」と言われ「付き合う」と言われるがままで、監視する理由は自身にも分からないのではっきりしないのは仕方ないのですが、槙雄が監視を拒否できない理由がはっきりしないのがもやもやします。

どんな弱みを握られているのだろうか・・・。

次回知英出演ドラマ『オーファンブラック』第7話は1月20日(土)23時40分から放送

見逃してしまったら見逃し配信がFODで登録なしですぐ視聴可能↓

関連記事はこちらから
知英出演のドラマオーファンブラック|5話あらすじネタバレ
知英出演のドラマオーファンブラック|4話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|3話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|2話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|1話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など