オーファンブラックあらすじネタバレ4話知英主演ドラマ見逃し配信や無料視聴など

2018年2月3日

元KARAの知英が出演(主演)するドラマ『オーファンブラック』第4話、テンポよく進むストーリーは一回見ただけでは理解できないかも。見逃し配信を無料でみることもできますので安心です。

第3話で危うく殺されるところだった沙羅と襲い掛かる銀髪の暗殺者。この暗殺者は真緒子や沙羅、高畑智子と複雑に絡み合ってきます。一体どのような展開になるのでしょうか?

こちらの記事では日本版『オーファンブラック』の4話あらすじネタバレ、感想、無料で見る方法や見逃し配信などを見る方法もご紹介します。

※文章の中には独自にこう思っているのかな?といった個人的解釈が多分に含まれておりますのでご了承下さい。

スポンサーリンク

オーファンブラック4話|あらすじネタバレ

沙羅の決意

――私は真緒子じゃない!

刺される直前、その一言にすんでのところで銀髪のナイフを持つ女の手が止まる。だが銀髪の女は真緒子(沙羅)を嬲るように顔へナイフを這わす。

戸惑う銀髪の女の隙をついて沙羅は鉄骨の棒を拾い、銀髪の女の腹部に刺し女の動きが止まる。

そこへ金城先輩が駆け付け、女が逃げ出し何を逃れる。

女が逃走した後独断専行したことについて課長から説教を受ける金城と真緒子(沙羅)。

どうやら課長は犯人は男だと誤認しているようで沙羅は否定せずに男であるかのように話を合わせ、犯人の外見はわからないとすることが得策だと判断する。

沙羅に助けられた金城は感謝の言葉を述べると車のトランクからお金を取り出し沙羅へと返す。

その夜沙羅と薫は冴子の家を訪れる。萌絵の楽しそうな様子を遠目から見ていた沙羅は、いつも正しい冴子への不満を漏らす。

自分は金があっても萌絵の安全すら守れない。

沙羅は萌絵の為に立派な母になりいい加減なことはやめ、周りの人をがっかりさせたくない、成長したいと決意を新たにする。

洗面台で「私は真緒子じゃない」とオウムのように呟きながら沙羅に刺された鉄骨の治療をする銀髪の女。

その背中は傷だらけで非常に生々しい。腹に刺さった鉄骨を抜くと自分で傷跡を縫い合わせる・・・。

洗面所のドアを開け中に入ってくる子供が一人、その家の子供なのか手招きする女の元へ近寄り抱き寄せられ扉が閉められる・・・。

スポンサーリンク

目撃者

銀髪の女が残したナイフを泉が調査すると古いものらしく魚の柄や羽の模様にもいろいろと意味があるらしい。

調査を続けるという泉の話を沙羅と一緒に聞いていた理華はさっそく暗殺者について不満を喚き散らす。

私には家族がいると話す理香へ沙羅は自分にも6歳になる子供がいることを打ち明ける。

萌絵は自分で産んだ子供だという沙羅の言葉に動揺する理華であったがクローンは子供が出来ないなどの欠陥がるのだろうか?(理華は子供が出来なくて養子をもらったらしい)

沙羅は何かあったときは萌絵を頼むと理華へお願いをする。今までの沙羅では考えられないこととだが成長したいという言葉は本当のようだ。

理華にも何かあれば自分を頼れと沙羅はいう。

子供たちを母親に預けた理華は暗殺者を迎え撃つ覚悟を決める・・・。

スポンサーリンク

●●●

事件現場に駆けつける真緒子(沙羅)が見たものは暗殺者が使用していたバイク。

現場は住宅街にある一軒家で、目撃者がいるためそこで暗殺者が1泊したことがわかっている・

家の洗面所はあたり一面血だらけであったがなぜか指紋は検出されていない。金城はDNAサンプルは残すが指紋を残さない暗殺者を訝しむ。

目撃者はその家の少年で金城はやさしく犯人の特徴について事情聴取を始める。

少年は俯いたままだったが、顔を上げるとなぜか真緒子(沙羅)へ指をさす。

犯人の思惑

金城は犯人が女という意味で受け取りうまく勘違いをしたようだ。真緒子(沙羅)が金城に代わり事情聴取を始める。

少年は真緒子(沙羅)が来ると犯人がいっていたと説明する。少年が持っていたものは何人が残した何かが書かれた紙であった。

真緒子(沙羅)は少年から金城にばれないように受け取ろうとするが、中身を確認する前にすぐに金城に奪われてしまう。

署に戻った金城たちは壁に書かれた文字や人形、折り紙などから犯人像を分析する。

幼いころに児童虐待を受けた可能性があり解離性障害を患っている可能性があり非常に頭がよく忍耐強いうえ用心深い。

指紋を残さず血液を残したことにも意味があるのだろうと推察する。

指紋の話になり課長が見つかった遺体(ヨンエ)の指紋照合結果を尋ねるが、真緒子(沙羅)は該当者はいなかったと隠ぺいに成功する(いいのかそんなんで・・・)。

銀髪の女が置いていった折り紙は数字が書かれており、特命班が解読を行っている。

そこへ真緒子(沙羅)へ非通知の電話が掛かってくる。相手は銀髪の女。

電話で自分の名前が「エレナ」だと告げた女は警察が自分を捕まえる前に会いに来いという。私が捕まったらお前が困るだろうと暗に匂わせて・・・。

住所は残した折り紙に書かれた数字でわかるといって電話が切られる。そのタイミングで折り紙の解読が終わ
り判明した住所へ金城たちと向かう。

金城らが出動した隙をつき、帽子をかぶったエレナが警察署に侵入する。

ニヤリと笑うエレナが見つけたのは先ほどまで金城たちがいた捜査会議室。貼り付けられた写真を見渡すエレナは何をしようというのか・・・。

一方、折り紙を解読し判明した住所にある建物(廃校)に侵入する金城たち。奥の教室にたどり着いた彼らがみたものは、エレナが書いた折り紙の絵とおなじものが書かれた布。

布には大量の人型が掛かれており、そのうちの一体にハテナマークが描かれていた。

これだけの数のクローンがいるのかと状況を察した真緒子(沙羅)は衝撃を受ける。

そのころ警察署をうろつくエレナは真緒子のデスクを見つける。引き出しから槙雄の名刺を見つけると電話を掛け具合が悪いからすぐに迎えに来いと呼び出しをかける。一体何がしたいのか・・・。

スポンサーリンク

――廃校の現場――

薫に電話を掛ける沙羅は、犯人に尾行され萌絵の存在や居場所がばれるおそれがあり、約束(夜会いに来て寝る前に絵本を読むこと)を守れないという。

相変わらず薫は説教をするが、沙羅は何かくだらないことを思いついた様子だが・・・?

――理華の家

ワインを注ぎながらぶつぶつと喋りながら暗い部屋で犯人が来るのをまつ理華。すると突然ドアをノックする音が鳴り響く。

動揺した理華はワインをグラスごと落としてしまう。ノックするドアへ近づく理華はドアのカーテンをまくると同時に銃を構える・・・、ドアをノックしていたのは薫だった・・・。

薫は理華に何か頼みごとをしに来たようだが・・・。

――警察署に戻った真緒子(沙羅)

金城と真緒子(沙羅)は署に戻り、会議室に入ると誰かにホワイトボードが裏返られていた。

金城がボードを元に戻す為反転させると人形や遺体の手足の写真が人型に並び変えられていた・・・。

自分のデスクへ戻った真緒子(沙羅)はデスクのお菓子が誰かに食べられており、写真立てが伏せられていることに気づく。

写真立てを戻す高畑智子(真緒子が誤射した事件の被害者)の写真が貼り付けられており、それをはがすと写真立てに入っている写真に写る槙雄の目が塗りつぶされていた・・・。

しかし貼り付けられていた高畑智子の写真は捜査資料には存在しない写真であった・・・。

――理華の家にて

理華の家では薫が沙羅の代わりに萌絵に会いに行ってほしいと願い出ていた。

当然理華は断るが、意外と理詰めで説得する薫。断りきれない理華は了承する。

――警察署にて

沙羅は捜査資料を見直し高畑智子の首に、エレナが落としたナイフの柄についてる模様と同じ形をした傷があることに気づく。

女が女を殺すのは怨恨しかありえない。自分だけが唯一の存在だというアピールという話を聞いた(後輩の刑事から)沙羅は何かを思いついたようすだ。

そこへエレナが呼び出した槙雄が現れる。沙羅は本当に来てくれるとは思わなかったと誤魔化すが、別人のような真緒子(沙羅)に振り回される槙雄は・・・

「嫌いじゃない」

とまんざらでもない様子。食事をしたいとかずっと言っていたのでおそらく昔の恋人のときの頃の付き合いがしたいのだろう・・。

そんな槙雄は一緒にいたい、近場でもいいから旅行でもしようと語り沙羅はキスをして誤魔化す。

誘い出される沙羅

高畑智子の首の写真を見た小田切泉は高畑智子とエレナは関係があったようだと推察する。

真緒子は秘密にしていたが実は高畑は真緒子を狙っていたに違いないが。それをわざわざエレナが沙羅に伝えに来たようなのだが意味がよくわからない。

さらに泉はナイフの絵柄は聖戦を意味すると解説する。どうやら真緒子たちは悪であるとしてエレナは動いているようだ。

エレナに二人きりで会おうといわれていることを話すと、泉は反対する。エレナはクローンを殺すために育てられてきたのだろうか・・・。

沙羅はなぜ自分たちはクローンなのか、自分が自分だけであったらよかったのに・・・と槙雄とのキスを思い出しながら呟く。

泉は改めて二人きりであってはならない、洗脳は絶対で最後の一人になるまで(エレナは)殺し続けると忠告する。

自分のデスクに戻った真緒子(沙羅)に金城が槙雄との仲について心配する(上手くいってないように見えたらしい)。ついでのように真緒子(沙羅)がなぜエレナを男だと思ったのか追及するが、真緒子(沙羅)は適当に誤魔化す。

ここで問題が発生する、なんと行方不明者(ヨンエ)の顔が復元できる可能性が出てきたという。

茫然とする沙羅へ非通知の電話が掛かってくる。相手はエレナ。エレナはナイフで自身の背中に傷をつけながら「会う気になったか」と問いかける。

沙羅は高畑とエレナの関係を問いただすが直接あってから説明してやるという。

真緒子はすぐにエレナの存在が何者であるか気づいたらしい。

メールにエレナから落ち合う場所と動画が送られてくる。

動画を開くと、そこには真緒子のデスクで撮影されたエレナが写っていた。

動画でエレナは、真緒子が高畑を撃ったのは誤射ではなく意図をもっておこなった射殺であると語る。

――冴子宅

冴子の家にやってきた理華と薫。改めてばれないように念をおす薫に、理華は問題ないと発声練習だ。

玄関を開けると冴子が開口一番に嫌味をいう。それをさらりと嫌味で言い返す沙羅(理華)は疑われたなかったようで中へ通される(段々何が何やらわからなくなってくるな・・・)

――警察署

遺棄事件の会議室で金城が考える。なぜ真緒子(沙羅)は至近距離でみたエレナを女性だと気づかなかったのか・・・。

真緒子(沙羅)の行動を疑い始めた金城は真緒子のデスクを調べ始める。伏せられた写真立てを見ると槙雄の目が塗りつぶされており、見てはいけないものをみたかのように元に戻す。

続いてメモ用紙を鉛筆で擦り、直前に何かメモをとっていないか確認する。すると浮き上がってきたのはエレナと待ち合わせ場所とした住所であった・・・。

スポンサーリンク

エレナの洗脳

エレナから送られてきた住所にたどり着くと、沙羅は金城宛にボイスメモを残す。

「金城さんこれを聞いているということは私は死んでいるということ。私は椎名真緒子ではなく青山沙羅。あなたなら全てを解明してくれると思っている。この事件が一体どういうことなのか。あなたならきっと・・・。」

建物に侵入した沙羅は明かりがついている一室へ侵入する。

その中には何かに祈りを捧げるかのように座っているエレナ。

エレナへ銃を構える沙羅は「お前は他と違う」といいながら近づいてくるエレナの傷口を殴り飛ばし会話を続ける。

エレナはもうすぐ死ぬという。最後を看取って欲しいから沙羅を呼び出したのか・・・。沙羅は高畑智子が親なのか問いかけるとエレナは高畑がクローンを作ることに協力したのだという。

しかしクローンを作ったことを過ちだと気づきエレナと手を組んだ。

沙羅はなぜ真緒子が死んだのか、どこまで知ってしまったからなのかを問うと・・・エレナは沙羅を救えるという。

沙羅には真実の光があると語るエレナに、洗脳された内容を問う。沙羅が予想していた洗脳はエレナだけが本物で他は全て偽物。だから削除しなければならないというもの。

エレナはその通り、他の奴は人間の形をした失敗作だとだと語る。

そんなエレナをオリジナルはいない、みんなクローンだから殺す必要はない、洗脳されているのだ全員殺した後はエレナも殺されると沙羅は説得する。

私たちはシスターであり殺しあう必要はないと。混乱するエレナだったが沙羅の持っている銃を手に取り自らの額にあてていう

「私はどうせ死ぬ。背中の傷は腐っている。お前が誰か知りたかったシスター」

そこへ金城が叫ぶ声が聞こえる、慌ててベランダからエレナを逃がす沙羅。

金城が慌てて部屋に飛び込んでくる。真緒子(沙羅)に大丈夫かと問いかける。

「ここがどこだか分かっているのか!ここはお前が撃った高畑の部屋だ!」

ベランダから逃げ出したエレナは道路へ倒れこむ。そこへ現れたのは全身黒ずくめの男(大杉連)・・・。

知英出演のドラマ『オーファンブラック』4話ネットの感想など

やっぱり小田切泉いいですよね~。可愛いし癒される。

確かにちょっと怖いところや生々しいところが多いですよね。流石深夜ドラマ。それでも面白いから見ちゃいます。

そうなんですよね。知英が3人で話してるシーンは全部知英が別々にとっているわけで・・・。セリフとかほぼ知英だよね。。。

やっぱり沙羅がオリジナルかなぁと思いますよね。それにしても年齢が大体同じくらいの設定だろうから沙羅がオリジナルだとすると赤ん坊の頃にDNAをとってクローンを作ったことになっちゃうし、何か理由があるのだろうか・・・。

 

 

知英出演のドラマ『オーファンブラック』4話を今すぐ無料で安全に見る方法(見逃し配信も)

ドラマ『オーファンブラック』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

現在FODは31日間無料キャンペーン実施中なのですぐに無料・安全・高画質でドラマ『オーファンブラック』を全話視聴可能です。

FODではフジテレビ系のドラマを大量にみることができます。一部有料(PPV)などもありますが、毎月3回ポイントをもらえるチャンスがあり、ひと月最大1300ポイント(1300円分)が貯まります。

このポイント、実は6か月も保持できるので見たい番組のポイントが貯まるまで待つことで大体の動画は月額料金のみで見ることができます。

しかも31日間の無料キャンペーン中の解約であれば料金は一切かかりません。

ちなみに『君の名は。』や『昼顔【劇場版】』などの映画は500ポイント必要ですが月に2本は見れる計算になりますね。

もちろん会員にならなくても見逃し配信は見れますのでお勧めのサービスです。

動画だけでなく100種類以上の雑誌も無料で読めますのでこちらもお得ですよ。

 

現在プレミアム会員で無料で見られるのは以下のようなドラマです

  • ラブホの上野さん season2
  • 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~
  • 刑事ゆがみ
  • パパ活
  • オーファンブラック
  • 明日もきっと君に恋をする。(FODオリジナル)

この他にも沢山のドラマや映画、アニメなども見ることができますよ!

ドラマオーファンブラック5話あらすじ

エレナ(知英)が沙羅(知英)を呼び出したのは、真緒子(知英)が射殺した高畑智子(鳥居みゆき)の部屋だった。エレナと高畑にどんな繋がりがあるのか困惑する沙羅。そんな沙羅になぜ高畑の家にいたのか理由を説明しろと金城(岡田浩暉)が詰め寄る。沙羅はとっさに刑事を辞めると言い出して…。

一方、沙羅のふりをして萌絵(庄野凛)と会っていた理華(知英)。冴子(麻生祐未)にはなり替わりを隠し通せたが、萌絵(庄野凜)は別人であることをお見通しだった。何とかごまかす理華。そんな中、理華/沙羅は冴子から明日また萌絵と会うことを許される。

その夜沙羅は、不思議な夢を見る。手足を拘束され、身動きも出来ぬまま、様々な機械が取り付けられた自分の姿。翌朝沙羅は、口の中から金属片を発見する。さらに注射の痕など体から小さな異変が見つかる。あれは現実だったのだ……そこに槙雄(山崎育三郎)が現れる。困惑と恐怖に沙羅はその場を足早に立ち去る。

理華や泉(知英)に現状を報告し導き出された答えは…槙雄は自分たちを監視する、いわゆる“モニター”だということ。「やっぱり私たちは実験モルモットなのよ!」…信じたくない沙羅。だが、理華も不審な行動を取る夫・勇(岩尾望)に疑惑の目を向け、泉もラボの研究生を疑うようになる。

その頃、瀕死のけがを負ったエレナを宇賀神(大杉漣)が介抱していた。エレナを優しく包み込むように洗脳する宇賀神。「オリジナルはお前だけ。コピーは全員削除しなければいけない。青山沙羅もだ」宇賀神の言葉に、エレナは再び氷の表情を浮かべる。

そんな中、沙羅は萌絵と久しぶりに会えることになる。思わず抱きしめ、愛娘のぬくもりを感じる沙羅。と、唐突に響くシャッター音。何やら不気味な男(竹中直人)がゆっくりと沙羅たちに迫っていることに、沙羅は気付いておらず…。

引用:公式サイト

まとめ・感想

2017年ドラマ日本版『オーファンブラック』の4話あらすじネタバレ感想などご紹介しました。

 

ただでさえ7役とか大変なことをやっているのにさらにそのうちの役を別の役が演じる(沙羅を理華が演じる)と頭がこんがらがりそうな演技をこなす知英さんお見事です。

沙羅の槙雄への想いが徐々に変わりつつありますね。槙雄さんにも裏があるようで次回に少し明らかになりそうです。

真緒子を監視しているだけの存在なのか・・・。それにしても山崎育三郎はかっこよすぎですね。沙羅が好きになってしまいそうなのもわかる・・・?

そしてついに大物っぽい大杉連が登場しました(ちょっとだけだけど)。大杉さんが演じる宇賀神という男は今もって謎ですが5話のあらすじではやはりエレナの洗脳者のようですね。

岩尾も実は監視者だった?なんだか添え物のような役なのかと思ったら意外とキーマンなんでしょうか。

複雑に物語が絡み合ってきたオーファンブラック、次回は2018年の1月6日放送です。非常に楽しみですね!

見逃し配信はFODで登録なしですぐ見れますよ↓

関連記事はこちらから
知英出演のドラマオーファンブラック|3話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|2話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|1話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など