オーファンブラックあらすじネタバレ2話知英主演ドラマ見逃し配信や無料で見る方法など

2018年2月3日

元KARAの知英が出演(主演)するドラマ『オーファンブラック』第2話あらすじネタバレ

第1話から怒涛の展開をみせるオーファンブラック。第2話では衝撃の事実が明らかになります。

こちらの記事では日本版『オーファンブラック』の2話あらすじネタバレ、感想、無料で見る方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

オーファンブラック2話|あらすじネタバレ

非通知の電話とオク

銃撃から逃れた沙羅が非通知の電話を受けると、その相手は若干なまりのある口調の女性であった。

その女性は韓国人(オク)と会えたかどうか沙羅に確認をする。

しかし韓国人の女性は撃たれており、それを伝えると訛りのある女性はオクが私たちを狙ってい人物がいるといっていたことが事実だかと呟く。

さらにはブリーフケースを受け取ったかどうか確認する。

その夜沙羅はどこかの立ち入り禁止区域に入り、穴を掘り始める。

一方薫の家では沙羅のお別れ会が続いており、みんなで悲嘆にくれながら飲んでいた。

沙羅が死んだ事実を認めたくないナガセは、本当は沙羅は生きていて(沙羅を感じるからそう思うらしい)死体は別人であり薫が何か隠しているのだろうと詰め寄る。ナガセの勘は冴え渡るのである。

そんなナガセに薫が殴られている頃、沙羅は穴を掘り終わりオクの遺体を埋めるのであった・・・。

奪われた金と不可解な事件の闇

翌朝薫の部屋へ訪れる沙羅。

射殺された韓国人(オク)正体不明の電話の相手などの話を聞いた薫は、あまりにも危険な状況な為真緒子になりすますのをやめるよう説得する。

沙羅も自らが危険な目にあったため了承し、750万円が入ったカバンを取り出しそれを持って逃げようと薫に渡すが・・・。

中に入っていたのは何かの事件の資料と金城の名刺だけであった。

金を奪われたことに怒りにまかせて資料を巻き散らす沙羅。散らばった資料は真緒子が誤射した事件の資料のようである。

記憶が無くなった部分も含めて頭に入れて聴聞会に臨めという金城と意図らしい。

金城に連絡すると、手元に金が確保してあり聴聞会の後に返すというが真緒子の不審な行動を改めて聞き直すつもりのようで一度直接会って話をしようと持ちかける。

冴子の家を訪れる沙羅と薫。沙羅は萌絵を取り戻す気でいるが・・・。

玄関に近づくと中から冴子が姿を現し、沙羅が自殺なんてするわけがないと思っていたと特に驚いた様子もない。

沙羅が萌絵を連れ戻そうとするが今のままでは駄目だと冴子は萌絵を渡そうとしない。

そんな様子を家の中からのぞいていた萌絵は母が居なくなると顔をだし薫と冴子に話しかける。

萌絵は母といつ暮らすことができるかよくわかっているようで、冴子に条件を問われると、冴子が沙羅をもう大丈夫だと判断してからだと答える。

冴子は沙羅が憎くて萌絵を奪ったわけではなく、沙羅と萌絵を心配しているからこその判断であることがわかる。

金城に奪われた金を取り戻すため、真緒子のふりを続けることになった沙羅は真緒子の家へ戻る。

そこでまっていたのは真緒子の恋人・槙雄であった。

仕事が終わった後に食事をしようと約束していたが連絡もなしに約束を保護にした真緒子に振り回されていると感じる槙雄は家を出て行ってしまう。

事件の資料を頭に入れたサラは、バーポールスターにて金城と聴聞会で話す内容を確認する。

事件では宝石店強盗犯を追い詰めた真緒子が拳銃をポケットから取り出したと勘違いし射殺した後に1課長にすぐ連絡したことになっているが・・・。

実は先に金城に連絡しており、さらには金城が被害者に携帯を握らせたという事実を知ってしまう。

吉川理華

薫の家に戻った沙羅の携帯に非通知の電話が掛かってくる。

電話に出ると以前と同じ少し訛った女性であった。女性は真緒子(沙羅)が殺されたと心配しており、さらには狙われているため身を潜め、連絡を取るのを辞めようとつげて電話を切ってしまう。

オク(殺害された韓国人女性)の荷物を漁り、ホテルのカードキーを見つける沙羅。

今度は手掛かりを探しにオクの泊まっていたホテルに向かうようだ(トラブル好き)。

やってきたのはホテルカデンツァ光が丘。

オクが着ていたような服を着て韓国人風(韓国人だが・・・)に韓国語でお礼をいいながらタクシーを降りる沙羅は部屋に向かう。

そろりと部屋に入ると・・・。盛大に荒らされた部屋と不気味な人形と聖書・・・。

すると突然鳴り出した部屋の電話と直ぐにドアをノックする音が聞こえる。

荒らされた部屋の状況はホテル側が全て確認済のようで、カードキーを使ったことがばれた様子。

部屋の損害金をオクのカードで払った沙羅は部屋に残されていたブリーフケースを受け取り再び薫の家に戻ってきた。

ブリーフケースに入っていたのはそれぞれ違う名前が書かれた血の入ったケースと出生証明書に毛髪、それにRIKA YOSHIKAWAという名前と住所が書かれた紙が入っていた。

その名前は以前真緒子の貸倉庫の中に入っていた出生証明書に書かれた名前と同一であることを思い出す。

薫が止めるが沙羅は紙に書かれた電話番号に電話をかける。

電話を受けた相手は慌てて切ろうとするが相手はブリーフケースのことや真緒子のことを知っている様子。

沙羅が自分が真緒子ではないと告げると無言で電話を切られてしまう。

日中沙羅は紙に書かれた住所を訪れると、家の中から出てきたのは二人の子供を連れた女性でまたもや顔が沙羅と同じであった。

後をつけた沙羅がみたものは楽しそうにサッカーを子供たちにおしえる同じ顔をした女性(吉川理華)の姿。

理華が建物に入ったのをみて後を追うと、部屋の中では慌てた様子で電話越しに誰かと揉めているようだった。

強引に部屋に入った沙羅は理華と言い合いになるも、沙羅は真緒子が自殺したと伝えると理華は真緒子は自殺などしないと突っぱねる。

沙羅はなぜ同じ顔の人間が3人(沙羅、真緒子、理華)もいるのだと問い詰める。

しかし理華は説明するのは自分の担当ではないから自宅で電話がかかってくるのを待てと、いうだけ言って部屋を出ていく。

そこへ金城から電話が掛かってくるとカウンセリングの結果、翌日の聴聞会が無くなったことを告げられる・・・。

沙羅の正体

聴聞会が終わらないことには金が手に入らない沙羅はカウンセリングを行った医師の元へ処方された大量の薬を持ち込み脅しをかける。

その結果予定通り聴聞会が開始され・・・金城との口裏合わせ通り滞りなく終わったようである。

だがしかし、金を返せという沙羅に金城は復職するまでは返さないという。

そんな金城に、沙羅は前の真緒子はどんな人物だったのか尋ねると

「犬は三日飼ったら三年恩を忘れない、猫は三年飼っても三日で恩を忘れる。最後まで面倒をみるから安心しろ」

と意味深な発言をするが・・・、沙羅はよくわかっていないようだ。

すると沙羅の携帯が鳴り画面には非通知設定の文字が。

電話は理華からで、21時過ぎに家に来いとの連絡であったが・・・電話を切った後キッチン引き出しの奥から理華が取り出したものは拳銃。

理華の家に送り届けてもらった沙羅は薫に行くなと止められるが、自分が何者なのか知りたくなってしまったと告げ車から出る。

家から出て着ていた理華に呼ばれるまま裏口から中に入ると、部屋の奥へ案内される。

そこで銃を突きつけられるも、さらに奥から出てきたのはショートカットであるがこれも同じ顔をした女性。

少し訛っているその女性は小田切泉であると自己紹介する。最初に非通知で電話をかけてきた女性である。

沙羅は自分の生い立ちを説明する。

泉は研究者であると語り非常に落ち着いており、真緒子が死んだことに憤慨し沙羅へあたる理華を窘める。

理華は終始高飛車で高圧的、真緒子が大好きだったらしく沙羅のことを目の敵にしているようだ。

そして理華はブリーフケースを寄越せと請求するが、沙羅は交換条件に自分が何者なのか教えろと答える。

理華の口から出た回答は兄弟や双子などではなく・・・。

「私たちはクローン。本当は誰かなんてない。偽物で誰かのコピーにすぎない。」

続けて泉が答える

「そして全員が何者かに命を狙われている・・・」

知英出演のドラマ『オーファンブラック』2話ネットの感想など

 

 

知英出演のドラマ『オーファンブラック』2話を今すぐ無料で安全に見る方法

ドラマ『オーファンブラック』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

現在FODは31日間無料キャンペーン実施中なのですぐに無料・安全・高画質でドラマ『オーファンブラック』を全話視聴可能です。

FODではフジテレビ系のドラマを大量にみることができます。一部有料(PPV)などもありますが、毎月3回ポイントをもらえるチャンスがあり、ひと月最大1300ポイント(1300円分)が貯まります。

このポイント、実は6か月も保持できるので見たい番組のポイントが貯まるまで待つことで大体の動画は月額料金のみで見ることができます。

しかも31日間の無料キャンペーン中の解約であれば料金は一切かかりません。

ちなみに『君の名は。』や『昼顔【劇場版】』などの映画は500ポイント必要ですが月に2本は見れる計算になりますね。

もちろん会員にならなくても見逃し配信は見れますのでお勧めのサービスです。

動画だけでなく100種類以上の雑誌も無料で読めますのでこちらもお得ですよ。

 

現在プレミアム会員で無料で見られるのは以下のようなドラマです

  • ラブホの上野さん season2
  • 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~
  • 刑事ゆがみ
  • パパ活
  • オーファンブラック
  • 明日もきっと君に恋をする。(FODオリジナル)

この他にも沢山のドラマや映画、アニメなども見ることができますよ!

まとめ

2017年ドラマ日本版『オーファンブラック』の2話あらすじネタバレ感想などご紹介しました。

 

いやはや新しく全くタイプの違う二人が追加されましたが、日本語の訛りまで使い分けさらには性格が180度違う二人を見事に演じましたね。驚きです。

理華は終始高圧的で自制の効かない、完全に上から目線の鼻につく女性ですし泉は非常に落ち着いていて優しいお姉さんのようなタイプの女性でした。

訛りも違和感がなく(秋田弁?なのかな。秋田弁が話せる人からすると不自然なのかもしれませんが・・・)、むしろ標準語を話すよりも自然な感じで感心してしまいました。

特に最後の3人が同時に話すシーンなどは本当にそれぞれの(主に理華に対する沙羅と泉の)感情が伝わってきて一人で3役やっているとは思えない演技でした。

さて、第1話からぶっとばしているオーファンブラックですが、第2話では一気に核心に迫る勢いで話が進んでしまいました。

これからの展開と知英がどんな演じ分けを見せてくれるのか期待したいですね!

関連記事はこちらから

知英出演のドラマオーファンブラック|4話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|3話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など
知英出演のドラマオーファンブラック|1話あらすじネタバレ感想無料で見る方法など