ドラマ電影少女キャスト紹介|主演は乃木坂46の西野七瀬


『ウイングマン』や『ゼットマン』『I”s』など数々のヒット作品を生み出してきた漫画家桂正和さんの代表作『電影少女』が遂に実写ドラマ化します。

底抜けに明るくてかわいい電影少女の天野あい役を演じるキャストは乃木坂46の西野七瀬さん。

本記事ではドラマ『電影少女』に出演するキャスト達をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ドラマ『電影少女』はどんなドラマ?

 

原作となる『電影少女』の25年後におきる物語。

主人公の弄内翔(野村周平)は、両親が離婚したことをきっかけに絵本作家の叔父である洋太の空き家で一人暮らしを始める。

自身が通う高校のクラスメートである菜々美に惚れているがただの片思い。

翔は家で壊れたビデオデッキを見つける。中にはテープ入っているが再生してみると『天野アイ』(西野七瀬)と名乗る少女があらわれる。

まるで現実とは思えない出来事から翔とアイの同棲生活がスタートする。

 

ドラマ『電影少女』キャスト

ビデオガール・天野あい/西野七瀬(乃木坂46)

引用:公式サイト

天野あい

原作(あい編)と同様、電影少女(ビデオガール)は天野あい。

原作ではレンタルビデオショップ(歴史を感じますね)でビデオを借りてきた洋太が壊れたビデオデッキで再生したため不完全な状態で誕生してしまった少女。

本作ではビデオデッキは無理があるのか(今はネットレンタルかDVDやブルーレイだもんね・・・)最初から古い壊れたビデオデッキに入っていたビデオを再生したことで誕生することになる。

性格は自由奔放に見えて繊細。本来は人を愛することはないビデオガールだが、不完全な為愛を知る。

ビデオが発売(レンタル)されていたのが古いためなのか、現代のことにあまり詳しくない。「ぐぐる」(グーグルで検索すること)を知らなかったりする。

西野七瀬(乃木坂46)

西野七瀬さんは乃木坂46の1期生で、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

出演ドラマ作品は『49』、『キャバすか学園』など。

女性には珍しく少年漫画が好きで『ジョジョの奇妙な冒険』、『銀牙 -流れ星 銀-』、『ワンパンマン』、『ギャグマンガ日和』など意外と渋いチョイスをしていますね。

劇場版アニメ『ONE PIECE FILM GOLD』ではアルバ役を務めたことがあります。

今作では漫画としては非常に古く(1981年掲載開始なので36年前!)、もちろん西野さんは産まれてもいませんが、当時反響を集めたヒロインを若い彼女がどのように演じるのか期待したいですね。

スポンサーリンク

西野七瀬コメント

嬉しいです。乃木坂46を離れて一人でドラマに出るのは久しぶりです。
今回私が演じるアイは元気な子。自分とは性格がだいぶ違くて少し不安です。
まず自分のことをオレっていうし、男言葉を結構よく使うし。他にも、一人だけ90年代のままの女の子って設定だったりします。
大丈夫かなって気持ちはありますけど、監督もプロデユーサーさんも一緒に頑張っていきましょうと仰ってくださっています。
一所懸命やるしかないです。私にできることはそれだけ。がんばります。

弄内翔/野村周平

引用:公式サイト

弄内翔

原作の主人公弄内洋太の甥っこ役でドラマオリジナルの主人公となる。

離婚した両親の都合により叔父である洋太が空けている家を借りて住むことになる。

翔は漫画家を志望しており、親友である古矢智章(清水尋也)、クラスメートで好意を寄せると共に漫画を作成する。

叔父の家で見つけた封がしてある壊れたビデオデッキに入ったままのビデオを再生すると、テレビの中から少女が現れビデオが再生する期間の3か月間、同棲することになってしまう。

野村周平(のむらしゅうへい)

野村周平さんは父が現在所属する芸能事務所「アミューズ」が開催した全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」に応募し、グランプリを受賞したことで芸能界に入ることに。

映画出演作は『江ノ島プリズム』、『日々ロック』(主演)、『ちはやふる』、『サクラダリセット』(主演)、『帝一の國』など、ドラマは『若者たち2014』、『恋仲』、『好きな人がいること』などに出演しています。

1993年11月14日生まれの現在24歳。出演ドラマを見ていると芝居がかった演技ではなく違和感のない自然な感じで演技することが上手な方で、TAMA映画賞の最優秀新進男優賞を受賞するなど若手の実力派俳優として活躍しています。

コメント

今回は若い役者さんが多く出演するドラマなのでみんなで楽しくやっていけたらと思います。 僕が演じる弄内翔は、両親が離婚していることもあり何か心に抱えているような、殻に閉じこもっている高校生です。 ですが、ビデオガール・アイと出会い一緒に過ごしていくうちに、彼は段々と変わっていきます。 原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように精一杯演じたいと思います。 楽しみに待っていてください。

 

柴原奈々美/飯豊まりえ

引用:公式サイト

柴原奈々美

現代の高校生で翔のクラスメート。翔たちと一緒に漫画(アニメ?)を作成する(シナリオ担当)。

翔に思いを寄せられていることは知らず、友人である古矢智章に恋をする。

原作の早川もえみのような位置づけ。

スポンサーリンク

飯豊まりえ

主演の野村周平さんとは2度目の共演となる飯豊まりえさんは10歳の頃からモデルとして活躍しており、現在は女優としてもひっぱりだこの状態ですね。

2017年はドラマではフジテレビ「嫌われる勇気」間雁道子役、「マジで航海してます。」主演坂本真鈴役居酒屋ふじ」ヒロイン・鯨井麻衣 役(「マジで航海してます。」と同じクール)、青い鳥なんて」 主演麻寺夏恋愛 役、「刑事ゆがみ」 第4話 飯杉真澄役などなど、他にも映画では「きょうのキラ君」ヒロイン・岡村ニノン役、「暗黒女子」で主演・白石いつみ役などヒロインや主演を見事にこなし躍進の年になりましたね。

飯豊まりえさんの演技力に関しては賛否ありましたが出演作品が増えるにしたがって着実に上手になっていると思います。

今作は普通の女子高校生役。ご本人もまだ10代ということもあり高校生役を自然に演技するのは難しくない・・かも?

飯豊まりえコメント

10代最後のドラマですがあまり深く考えずに楽しく撮影ができたらなと思っています。
ちなみに高校生役は自分ではまだまだ何年もできると思っているので制服はへっちゃらです!ですが、高校生ならではの人との距離感や感情が今の自分とギャップがあってまだ実は恥ずかしさはあります(笑)。でもこれからどんどん、奈々美ちゃんを愛して演じていきたいです。
居酒屋ふじに続きテレビ東京の土曜ドラマ24の枠に出演できて嬉しいです!

 

古矢智章/清水尋也

引用:公式サイト

古矢智章

翔の親友で、漫画(アニメ?)を制作するメンバーのリーダーとしてみんなを引っ張る。

翔の奈々美に対する気持ちを知っており、全面的に応援している。

奈々美のほうは智章に思いを寄せており3人の想いが交錯する。

清水尋也(しみず ひろや)

清水尋也さんは1999年6月9日生まれでなんと現在18歳。

2018年1月10から放送されている日本テレビ「anone」にも同時に出演している清水さんは『ソロモンの偽証』ではヤンキー、映画『渇き。』では役所広司さん妻夫木聡さん等が大物俳優が出演する中いじめられっこの「ボク」を見事に演じるなど新進気鋭の若手俳優で次世代を担う俳優として期待されています。

2018年は映画『ミスミソウ』に出演しており4月に公開予定です。

清水尋也コメント

古矢智章役を演じさせて頂きます、清水尋也です。
初めて原作を読ませて頂いた時、愛情故のすれ違いや嘘に胸を苦しめられました。恋愛に潜む感情が繊細に描かれていて、読み進める手が止まりませんでした。智章は、翔や奈々美を引っ張るリーダー的な存在で、アニメに対する熱量の大きい青年です。

 

スポンサーリンク

大宮リカ/大友花恋

大宮リカ

現在役柄については不明。仁崎伸子(原作では洋太の追っかけみたいなキャラ)的な役になるか?

大友花恋(おおとも かれん)

大友花恋さんは1999年10月9日生まれのこちらも18歳。

読者モデル出身でフジテレビ系ドラマ『結婚同窓会 〜SEASIDE LOVE〜』で女優としてデビュー。

かわいい。

大友花恋コメント

「電影少女に出演することになったよ。」と伝えた時の両親の反応に私はすごく嬉しくなりました。両親は原作漫画を読んでいたそうで、すぐに電影少女話に花が咲いたからです。
私も期待しながら原作を読んで、みんながみんなを大切に思う切なすぎるすれ違いにページをめくる手が止まりませんでした。私は1人後輩になりますが、先輩を一途に想う可愛らしいリカという女の子として生きられることがとても楽しみです。

 

弄内洋太/戸次重幸

引用:公式サイト

弄内洋太

原作の主人公。元祖モテナイ君。現在は絵本作家となっており国内外を飛び回り、家を留守にすることが多い。

現在既婚のようだが・・・、ビデオから出てくる天野あいは当時の天野あいなわけで、当人は洋太を知らない様子だし洋太は翔の電話を受けて慌てて家に帰ってくる。

では原作とは異なり天野あいは人間にはなれなかったのか・・・、原作ファンがガッカリしないオリジナルストーリーを希望したい。

戸次重幸

『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』、『宇宙犬作戦』、『歌のおにいさん』などに出演。映画では『ホコリと幻想』などで主演を務めています。

大泉洋さんや安田顕さんらと所属するTEAM NACS(チーム・ナックス)の集まりは面白くファンも多いです。

コメディ風の作品に出演しているイメージが強いですが、演技の幅は広いですね。

スポンサーリンク

清水浩司/村上淳

引用:公式サイト

清水浩司

原作ではダンサーとして登場した。今は仕事があまりないが、かつて大ヒット映画をあてたプロデューサーとして登場。

村上淳

ファッション雑誌のモデル出身の俳優で、出演作品は『居酒屋ふじ』、『新宿スワン』、『フリンジマン』、『銀と金』など他多数。

 

ドラマ『電影少女』放送局

テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・
テレビ北海道・TVQ九州放送
2018年1月13日(土)スタート!
毎週土曜 深夜0時20分~

 

まとめ・感想

原作が28年前ということもあり、現在の環境と比較すると表現することが難しい部分が多いのでしょうか、原作から25年後という設定になってドラマ化。

確かにビデオデッキなんてないですからね今時。そりゃーパソコンをいじっている翔を見て何しているの?と首を傾げるというものです。

「ググル」なんて言葉は知らないのは当然。それにしても気になるのは洋太が第1話の最後で言った言葉・・・。

やはりドラマでは原作とは異なりバッドエンドだったのでしょうかね・・・。ちょっと悲しい。

原作に大きく手を入れてきたドラマ『電影少女2018』ですがどのような展開にしていくのか非常に楽しみでもあります。

若手俳優達を存分に起用したところも面白いですね。

 

 

 

 

 

 

電影少女

Posted by mydora